本文へジャンプ

2016年8月アーカイブ

本日東京出張です!!

カナブンHPをご覧のみなさん、
おはようございます♪

現在、『 北陸新幹線かがやき 』の車中から
ブログを書いております。

maxresdefault.jpg

表題にあります通り、
本日、東京出張です。

立山連峰綺麗です。


出張理由は
『 文化服装学院連鎖校協会
後継者、並びに、広報担当者会議 』
通称、NBNミーティングに参加するためです。


以下、過去ブログ投稿より
=======================
文化服装学院連鎖校とは
洋装化が進んだ1950年代前後、
BUNKAで学んだ学生さんたちが
地元で開校する学校を
当時の文化服装学院が
『BUNKAのスピリットを受け継いだ学校』であると
認めたもの(経営主体は別)が原点です。

本校は1955年に連鎖校となりました。
私の曽祖父がブラザーミシンの北陸営業所所長を務めており、
祖父がそのミシンを活用した洋裁教育に乗り出したことが
本校の起源です。

そういう様な学校が、
北は北海道、南は九州・沖縄まで、全国各地に
かつては300~400校とあったそうです。

2015年度現在では
63校あります(現在では海外にも広がっています)。


連鎖.jpg
連鎖校の学校で学ぶメリットは
文化式のモノづくりが学べる、教科書が同じ、教具が同じ、
連鎖校協会という横の繋がりでトップ同士の交流がある、
その交流の下、スタッフレベルでの交流も生まれる、
勉強会が開催されている、などなど。
========================


今年度初、リーフレットを作成致しました。
BUNKA連鎖校に学ぶ、というものです。

既にお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

そのリーフレットのイメージをそのまま移植した
BUNKA連鎖校のホームページです。↓


新型.jpg


過去のBUNKA連鎖校のホームページはこれです↓

旧型.jpg
当時は最先端の技術を使っていたのでしょう。


NBNではこのホームページをまず刷新すること、
それに向けた冊子物を製作し、
広報活動支援を行えるようにすること、
この2つを第一期の目標に設定し、
完遂しました。

第2期として、これからどうするか?
について話し合いをして来ます。


台風が来るというニュースを昨晩見ました。

台風と共に上京し、台風と共に帰る、
という雨男らしい2日間になりそうです。


めっきり涼しくなりましたが、
みなさんにおかれましては
どうぞお身体ご自愛下さい!!

秋の体験入学会Ⅰ


カナブンブログをご覧の皆様こんにちは、広報の田村です。

本日8月26日(金)、夏休み最後のオープンキャンパス

『秋の体験入学会Ⅰ』が行われました♪

その様子をレポート!!




学校説明を聞きランチが終わったら学校案内!

1.JPG

アパレル造形デザイン科1年のマネージャー藤井さんに学校の設備について説明していただきました。

みんな真剣に聞いてくれています♪

2.JPG



そしてお待ちかね、ものづくり体験!

アイロンプリントアイテムを作る初級、ミシンを使ってスカートを作る上級に分かれて行っていきます。



まずは初級コースからレポート

みんなでワイワイ♪

3.JPG 4.JPG

プリントシートに印刷された画像を自分の好きなように切り貼りしてコラージュしていきます。

5.JPG 6.JPG

ちょきちょきわいわい

7.JPG 8.JPG

プリントしたあとTシャツリメイクしたり

9.JPG

Tシャツだけではなくキャンバス地のトートバッグにプリントしたり

IMG_4956.JPG

終止にぎわっておりました~~♪♪



つぎは上級コース!

上級コースの中でもジーンズをスカートにリメイクする組とタイスカート組にわかれました!

まずはデニム組。

裾を好きな長さに切って開いていきます・・・

10.JPG

そして縫う!!!

12.JPG

開いた部分に好きな生地を縫い付けます!

14.JPG

切りっぱなしでもデニム生地なのでリメイク感がでて良い感じ♪



こちらはタイスカート。

細長く切られた生地を繋げていきます。

ミシンを授業で使っているだけあって手馴れた様子!!カッコイイ!

11.JPG

こちらの生地は切りっぱなしというわけにはいかないので裾もきちんと処理します!

15.JPG

ロックミシンも使いました!

13.JPG



そして完成がコチラ!!!

【初級】

初.JPG

それぞれの個性が出ていてみんな素敵です!!



【上級】

上.JPG

2時間弱でスカート完成!みんな手際が良くてびっくりしました!!


お越しくださった皆さん有難うございました♪

次回オープンキャンパス『秋の体験入学会Ⅱ』は9月24日(土)です!

秋らしいコースもご用意しておりますのでどしどしお申込みください!!

詳細・お申込みはコチラ

各種SNSからのお申込みも受け付けておりますので分からない事、聞きたいことなどお気軽にどうぞ♪



カナブンHPをご覧のみなさん、
こんにちは。

現在、後期授業、もっというと、
2017年度のカリキュラムの構築を
日々進めております。

私がこの学校に入って来てから
既に10年が過ぎました。

この10年間、色々なことがありました。

入ったばかりの時は
何をどうやっていいのか全く分からず、
その時その時を必死な思いで
過ごすしかありませんでした。


でも、今では何となくですが、
授業において、
どういったことをやると、
大体何分かかって、
学生のどれくらいが理解して、
という様なことが分るようになりました。


"継続は力なり"という言葉がありますが、
当然、ルーティン的に
同じ動作を毎日繰り返していくことで
何らかの精度や確度が上がる可能性は
あるとは思いますが、
教育のような目に見えないモノ・コトを
ヒトを介して価値として
学生さんたちに提供する仕事においは
日々変化、即ち成長していく必要があります。

そういう点では継続だけでは力にならない
と言えると思います。

何を言いたいかというと、
継続的に成長し続けていくことが、
成長していこうと努力していくことが、
昨日まで出来なかったことを
今日可能にし、今日出来なかったことを
明日可能にするので、
継続が力になるのではなく、
継続的に力をつけていきましょう、
ということです。



11898622_867852843296020_1679155121559481421_n.jpg
分かる方はお分かりになると思いますが、
大野さんです。
入社当時の、です。

元々センスのある方だなと思っていましたが、
1年経って、彼は現在、
広報企画室長を務めるまでになっています。
任命したのは私ですが(笑)

いや、本当に成長度合いが半端ないです。


長く仕事を続けていると、
様々な出会いもあります。

そうした出会いは実は
自分の成長度合いによって変わると思います。

その時の自分の状態によって、
出会える人と出会えない人が出て来る、
と思います。

意識やスキル、立場が変われば景色が変わる。

出会う人も変わる。

即ち、成長を実感しながら、
自分を自分で認め、信じ、
自分の意識を高めていけば
自分を取り巻く様々な環境が自然に変わるのです。

誰かがそれを変えてくれるのではありません。

変われないのは誰のせいでもありません。
すぐに誰かのせいにする人もたくさんいますが。

場所を変えれば一時的には変わるかも知れませんが、
結局は見える部分が変わっただけで
本質は変わっていないことに後々気付きます。

自分を変えなければ周りは変わらない、
ということですね。

なぜあの人は〇〇なのに、自分だけが・・・
ということが通用しないということです。



何かを継続していくことは
大変素晴らしいことです。

ただ、その継続が成長を生んでいなければ
本当の"継続は力"ではないと思うのです。

みずほの村市場の社長(5・6年前くらい?)が
ガイアの夜明けか何かで言っていた
『継続は力じゃない、力は進化だよ』
というフレーズです。


激動の時代を生き抜く力。

毎日同じことを愚直に続ける継続力。
それもとても重要です。

その継続の中に、
出来なかったことが出来た!!
という実感を持てるように、
全神経を集中させてみるのも
重要だと思います。

最後は成長している、と、
自分で自分を認めること、
信じることかと。

SOMEWHERE PROJECT リリースのお知らせ

この度、「視」と「語」を基に

「ファッション / アート / デザイン / 建築 / カルチャー」などの分野における

拡張性や創造性を表現した「映像や写真」と、

その分野における「ワード」を貯蔵したディクショナリーを

融合したWEBコンテンツを制作致しました。

HP.jpg

 

クリエイティブな活動を行っている学生や社会人、

また、これからそうした分野を志す人々に使って頂けたら幸いです。

 

Creative Director : Masato Mitsunari (totem) / Dai Miyata (innosence) / Ichiro (+Factory)

 

Art Director : Masato Mitsunarii (totem)

 

Web Design : Akiyuki Itasaka (totem)

Web Coding : Makoto Masui (totem)

CI Design : Ichiro Mae (+Factory)

Movie PM : Kotaro Matsushima (innosence)

Camera : Ichiro Mae (+Factory) / Masato Mitsunari (totem)

Editor : Tatsuro Noda (innosence)

Sound : Yuki Yano (Ava1anche) / Kyohei Miyagata / Shohei Kon

 

HP http://somewhere-project.com/


FB https://www.facebook.com/somewhereproject/


IG  https://www.instagram.com/somewhere_project/





閲覧者が様々な表現を模索し可能性を追求していく中で、
クリエイティブの楽しさ やイマジネーションの拡張などに繋がるようなプロジェクトです。
映像/写真やディクショナリーは、定期的に配信を行ってまいります。

当サイトは、学校法人 金沢文化学園 専門学校金沢文化服装学院が運営しております。
本校は石川県金沢市に1955年に創立し、
『社会・企業から歓迎される人材の育成』を教育目標に掲げ、
時代の変化に合わせカリキュラム内容の充実を図っています。

ファッションの高度な技術・知識・感性をもとに
若者たちの成長・自立を促すことで
多くの優れた人材を輩出しています。

旧くから繊維産業が盛んな北陸の企業と連携し、
世界最先端の技術や北陸独自の文化を事業に反映しております。

20174月には、金沢市竪町(タテマチ)2校舎目となる6階建ての新校舎も設立予定。

ファッション/アートの分野での人材育成を基に様々な人々が使用できる
「クリエイティブ・スペース」や芸術に特化した会員制の「ライブラリー」など、

地域や民間に開かれた公共施設も併設予定です。


The White from SOMEWHERE_PROJECT on Vimeo.

ついに。アワジェンヌ復活!

カナブンHPをご覧のみなさま
ごきげんよう
深ジェンヌです

ついに、この日がやってきました

8月20日
内灘町歴史民俗資料館にて

4月から取り組んでまいりました
アワジェンヌの衣装再現プロジェクト
お披露目会を開催していただきましたー!!

本当にたくさんの方々に
ご来場いただき

私、
久しぶりに
吐きそうなほど
緊張しておりました(汗汗

IMG_3862.JPG
IMG_3873.JPG

お披露目会は
地元の小学生2人と
カナブンA造2年生の2人に
協力してもらいました

IMG_3910.JPG
キッズモデルの二人が登場した時の
会場からの大きな拍手が
とても嬉しくて
ホッとしました

IMG_3913.JPG
IMG_3920.JPG
来場者の中には
カナブンの学生や関係者も
多かったのですが

それよりも、地元の方が
たくさん来てくださっていて
地域に愛されている
資料館なんだなぁ
と、感じておりました

そんな、資料館に常設展示していただけるとは
大変光栄なことです


「たくさんの方が見に来てくれる」
「モデルの2人が衣装を楽しみにしてくれている」
資料館学芸員の中江さんと内灘町の南さんの
「熱い思い」

皆さんの
期待を感じつつ
ギリッギリまで作業していました

それは、今までの
自分だけの作品制作とは
圧倒的に違う
気持ちがありますよね

本当に、無事に
お披露目することができて
良かったです


ここからは、
オフショット。

IMG_3946.JPGのサムネイル画像
ノリノリな二人です。
中嶋さんは
自分の新たな魅力に
気付いたそう。

IMG_3962.JPG
翌日もモデルに引っ張りだこの
藤田君でした


実は、準備には
ファッションビジネス科2年
スタイリストコースの5人が
駆けつけてくれました!

2016-08-20 12.57.23.jpg
2016-08-20 13.02.46.jpg
おかげでヘアメイクもばっちり♪
日頃の授業の賜物ですね
頼りになります

キッズモデルのお二人も
がっつりメイクに
最初は不安げな
表情でしたが

お披露目会が終わる頃には
すっかり慣れてましたね〜
たくさんの方がたの
ご協力のお陰です

関係者の皆様
本当にありがとうございました!
2016-08-20 15.57.52.jpg
ぜひ、資料館で
試着体験してみてください!


>>>>掲載情報です>>>>

北陸中日新聞_トリ.jpg
北陸中日新聞

北國新聞_トリ.jpg

北國新聞


1  2  3

月別アーカイブ

年別アーカイブ

最近のブログ記事

カテゴリ

ページの先頭へ戻る